集客型Webサイトを知る

デザイン思考のサイトとマーケティング思考のサイト

かつては「Webサイトを保有していること」、ただそれだけでネット集客の施策を講じていると呼べていたものが、現在では「Webサイトを保有している」だけでは十分とは呼べなくなりました。Webサイト自体にも戦略性が求められるようになってきたのです。
Webサイトというと、色合いや写真の綺麗さなど、見た目のデザイン性ばかりに気を取られてしまいがちですが、会社案内のパンフレットをただWeb化しただけのようなページでは、売り上げアップや顧客獲得という本来の目的には何ら貢献しないサイトになってしまう場合があるので、注意が必要です。
売り上げや顧客獲得に結びつけるためには、初めから集客することを念頭に置いた「マーケティング思考のWebサイト」である必要があります。具体的には、「どういった導線で見込み客を集めてくるのか?」や「サイトに訪れた見込み客に対して、どういった仕掛けによって態度変容を促し、顧客化に結びつけるのか?」といった顧客化までの一連の流れを、まず先に固める必要があるということです。

集客型Webサイトの2つの役割

集客型Webサイトの役割には大きく2つあります。
まず1つ目は、「見込み客との関係構築」です。検索エンジンやネット広告など、何かしらのルート経由でサイトへ訪れた見込み客に対して、自社や自社の商品・サービスへの興味・関心度合いを向上させるための情報をコンテンツとして提供します。つまり、サイトのコンテンツを通じて、まだ興味・関心が薄い見込み客を顧客化に向けて育むという段階です。「ちょっと気になって調べた」という程度の見込み客の興味・関心を、いかに高めて「商品の購入」や「問い合わせ」、「資料請求」などのコンバージョン(成約)へと結びつけるかという視点で、サイトを設計する必要があります。

そして2つ目は、「見込み客のリード(個人情報)獲得」です。自社や自社の商品・サービスに対して興味・関心を持った見込み客の個人情報を取得することが、集客型Webサイトのもっとも大きな役割といえます。具体的には、興味を示した見込み客の行動を喚起するキャンペーンや情報を「オファーコンテンツ」として無料(または無料に近い低価格)で用意し、その提供と引き換えに、個人情報を取得するという方法です。見込み客の個人情報を取得することによって、その後の営業・販促活動をより効果的に進めることができるようになります。