ランディングページ

ランディングページとは

ランディングページとは、特定の商品やサービスを告知・販売するための、1枚で構成されたWebページを指します。頭文字をとってLPと呼ばれたりもします。
Webサイトへ来訪してくる見込み客は、当然ですが、何かしらの期待や欲求を持ってページへ訪れます。その際、ページ来訪者に対してアピールしたいコンテンツが特定の商品やサービスに絞られているのであれば、その商品やサービスに特化したWebページを設けた方が、より詳しくアピールすることができるなど、何かと便利であるということは想像に容易いかと思います。そこで登場してくるのが、ランディングページなのです。

ランディングページの目的と用途

ランディングページを活用する目的はただ1つ、より多くのコンバージョン(資料請求や問い合わせ)を獲得するためです。では、ランディングページを活用するメリットはどのような点にあるのでしょうか。大きく3つ挙げることができます。
まず1つ目のメリットは、特定の商品やサービスに特化したページであるため、ページ内でその商品やサービスを魅力的に表現しやすい点です。特定商品のアピールに特化しているため、キャッチコピーやデザインによって魅力的に表現しやすいという利点があります。
2つ目のメリットは、基本的にランディングページ内にはコンバージョン以外のリンクボタンが存在しないため、ページへ来訪した見込み客を離脱させ難いという点です。
そして、同様のページをWebサイト自体に設けようとするよりも、ランディングページを新たに1ページ制作した方がコスト的に安く済む場合が多く、これが3つ目のメリットとなります。

ランディングページ制作のポイント

①キャッチコピーを具体的にする
キャッチコピーはランディングページに来訪した見込み客が、まず初めに目にする部分となるため、非常に重要な要素です。主に、ページ内で告知する商品やサービスの名称がキャッチコピーになるかと思います。キャッチコピーだけでは伝えられる情報に限りがあるため、サブコピーと合わせて考えるようにすると良いでしょう。オファーコンテンツのネーミングと同様、数字を使うなどして、できる限り具体性を持たせたキャッチコピーにすることが、魅力度を増すための秘訣となります。

②ゴール(コンバージョン)は1つに絞る
ランディングページ上でのゴールは1つに絞るというのが、2つ目のポイントです。「資料請求はコチラ」や「お問い合わせはコチラ」など、見込み客を導きたいゴールが複数考えられるケースもあるかもしれません。しかし、Webサイトとは異なり、ランディングページの場合は特定の商品やサービスに特化したページであるため、導きたいゴールが複数になってしまうと、伝えるべきメッセージや文脈にまとまりがなくなってしまいます。したがって、基本的にはランディングページ上でのゴールは1つに絞り込み、そのゴールに導くためのストーリーをページ構成として作り上げていくという考え方が必要となります。

③敷居の低い行動をゴール(コンバージョン)にする
ランディングページ上でのゴールが、見込み客から見て敷居の低いものであるという点も重要なポイントです。Webにおいて最も敷居の高い行動は「購入」で、反対に最も敷居が低いのは「無料プレゼント」や「無料サンプル」への申し込みです。つまりランディングページにおけるゴールは、オファーコンテンツにすることが望ましいという考え方です。実際に、まったく同じデザインの広告、まったく同じデザインのランディングページを使用したにもかかわらず、ゴール設定を変えただけでコンバージョン率(申し込み率)が10倍以上も変わったという事例が多数存在することから、敷居の低いゴール設定は大切であると判断できるでしょう。

④そこから得られる利益(ベネフィット)を明示する
4つ目のポイントは、ランディングページ上で告知・アピールする商品やサービスの「ベネフィットを明示する」ということです。ベネフィットとは、その商品やサービスを利用したことによって得られる顧客側の利益のことを指します。見込み客が心を動かされるのは、商品の詳しい説明によってではなく、そこから得られるベネフィットによってということです。具体的な掲載の方法としては、ベネフィット3~5つほど箇条書きで載せるイメージで良いでしょう。

⑤入力フォームでストレスを与えないようにする
最後のポイントは、見込み客が個人情報を入力するフォームについてです。基本的に入力項目の数が多くなるほど、申し込み率は低下する傾向にあります。したがって、できるだけ少ない入力項目にとどめる必要があります。「名前」と「メールアドレス」の2項目さえあれば、メールマガジン送付などの営業行為は行えるでしょう。しかし、後々チラシなどを送りたい場合には、「住所」や「電話番号」も加えて取得する必要が出てきます。
このように、ランディングページの入力フォームは、コンバージョン後の営業・販促プロセスによって、どの程度の情報を取得するべきかが変わってきますが、極力最低限の入力項目にとどめることが、コンバージョン数を稼ぎやすくするポイントになります。