ホームページ作成サービスで簡単に商用サイトを作る

最も簡単にホームページを作る方法は、ネット上のホームページ作成サービスを利用する方法です。これはCMSというサーバー上で動くプログラムで作られているため、HTMLやCSSを覚える必要がなく、サーバーを借りる必要もなく、ブラウザがあればどこにいてもWebサイトを作成することができます。また、ショッピングカートが付いているプランなら、簡単にネットショップを開業することもできます。

ホームページ作成ソフトで作るのとどう違うのか

Dreamweaverやホームページビルダーなどのソフトを使って作る方法と比べ、ホームページ作成サービスで作られるWebサイトにはいくつかの違いがあります。一番の大きな違いはカスタマイズ性が劣ることです。デザインは既成のテンプレートを使いますから、オリジナリティあふれるデザインは望めません。また、HTMLを編集しないと追加できないような機能は使えない場合もあります。
ですが、ネット上での集客や販売という観点で見れば、これらは致命的な要素ではなく、機能的にもデザイン的にも完成されたサイトを短時間で格安で開設できるというメリットには代えがたいものがあります。

ネットショップ作成サービスを選ぶポイント

ホームページをネットで作成するにも書いた通り、ホームページ作成サービスは多数ありますが、その中で、特にネットショップを開設するために必須の条件には下記のものがあります。

さらに、商品の出品可能点数、デザインテンプレートの良し悪し、フリーページ追加の可否なども考慮すべきポイントになります。

おすすめのネットショップ作成サービス

上のポイントを考慮し、当サイトがお勧めするホームページ作成サービスは下記の通りです。

ツール名 初期費用 月額 商品登録数 販売時の手数料 独自ドメイン対応
BASE 無料 無料 無制限 3.6%+40円
MakeShop 10,000円 2,100円~ 100~ 0円
カラーミーショップ 無料 900円~ 無制限 0円

BASEの特徴

BASEの特徴は何と言っても無料で運用開始ができることです。主な機能は下記になります。
クレジットカード決済、コンビニ決済・Pay-easy、銀行振込、後払い決済、キャリア決済の5つの決済方法に対応。ブログ、メルマガ、クーポン発行、アクセス解析、HTML編集可能。利用者数は400,000。

MakeShopの特徴

MakeShopの最大の特徴は、価格.comなどに商品を無料で掲載することができるアイテムポストという集客ツールです。主な機能は下記になります。
クレジットカード決済、コンビニ決済、Amazon Pay、楽天ペイ、代金引換、銀行振込、郵便振替、PayPal、キャリア決済、後払い決済、ショッピングクレジット、価格.com安心支払いなどに対応。掲示板、メルマガ、クーポン発行、アクセス解析、会員制ショップ機能、フリーページ作成機能、HTML編集可能。デザインテンプレート数は171種類。利用者数は22,000。

カラーミーショップの特徴
スマホでネットショップ作成カラーミーショップ
カラーミーショップはMakeShopと同じGMOグループの企業です。価格設定はMakeShopより安めになっています。主な機能は下記になります。
クレジットカード決済、コンビニ決済、Amazon Pay、楽天ペイ、クロネコwebコレクト、代金引換、銀行振込、郵便振替、PayPal、キャリア決済、後払い決済、電子マネー決済などに対応。メルマガ、クーポン発行、アクセス解析、会員制ショップ機能、フリーページ作成機能、HTML編集可能。無料テンプレート46点、有料テンプレート31点。利用者数は60,000。

カートが不要ならグーペがおすすめ


物販をする予定が無いなら、グーペが一押しです(ショッピングカートも追加可能です)。
グーペもGMOグループの企業です。独自ドメイン対応で月額1,000円から。デザインテンプレートは約4,061種類のバリエーションが利用可能で、HTMLやCSSのフルカスタマイズも可能です。カレンダー、SNSへの連携、フォトアルバム、スライドショー 、予約フォーム、メルマガ、アクセス解析、ブログ、クーポン、フリーページ作成機能など、必要な機能がほとんど網羅されています。

集客力で選ぶならショッピングモール

ネットだけで集客するのは実はとても大変です。特に競争の激しい分野では、SEO(検索エンジン最適化)対策に膨大な時間がかかりますし、広告代もばかになりません。物販でこれらを抑えるにはショッピングモールが近道となるでしょう。現在メジャーなモールには楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングがありますが、経験から言えば楽天市場が一番だと思います。