ビットバンクでリップルを購入する

アルトコインのイチオシ。リップル

仮想通貨に興味を持ち始めたばかりだと、入ってくる情報はとにかく「ビットコイン」ではありませんか?そもそも「儲かりそう」ということで調べ始めたのに、ビットコインは2017年に上がり過ぎて、倍々ゲームができる通貨じゃ無さそう…。これから一攫千金を狙うにはアルトコイン?でも種類が多すぎるし、金融庁に登録されている国内の取引所で購入できるものの中から選ぶとしたらどれがいいんだろう?

そこでお勧めしたい仮想通貨がリップル(XRP)です。
ビットコインが個人間決済に特化した仮想通貨であるのに対して、リップルは企業間取引や国際取引の決済システムのプラットホームを主な機能としているので「仮想通貨」と定義してよいかは微妙ですが、分散型技術を土台としているので、現在は仮想通貨の分類に入ると言われています。
リップルはビットコインのような管理者不在のシステムではなく、リップル社が運営・管理するネットワークで構築されており、リップル社はニューヨーク州の仮想通貨取り扱い事業者登録(Bit License)3社のうちの1社です。またGoogleが出資していることや、世界の銀行で実際に採用されているのを見ると、可能性のある仮想通貨の一つだと言えるでしょう。
2018年4月現在、1XRP=50円から60円。ビットコインの1BTC =数十万円に比べると、何だか夢があると思いませんか?

リップルを買うのにお勧めの国内取引所

リップルを扱っている金融庁登録取引所はいくつかありますが、その中で一番のお勧めはビットバンクです。
その理由は、①取引手数料が安いこと。そして②コールドウォレットで資金を管理していることです。
ということで、今回はビットバンクでリップルを購入する手順を紹介します。


ビットバンクに登録する

ビットバンク で無料アカウントの作成をしておきます。

ビットバンクのサイトでメールアドレスを入力し、「新規登録」をクリック。
新規登録

入力したアドレス宛にメールが送信されるので、メール内の認証用URLをクリック。
メール内の認証用URLをクリック


下記の画面でパスワードを設定し、「登録」をクリック。
パスワードを設定


基本情報を登録し、「次に進む」をクリックします。
基本情報を登録


取引の目的などを入力し、「確認」をクリックします。
取引の目的などを確認


入力内容を確認して「確認」をクリック。
入力内容を確認
 


基本情報登録が完了。「本人確認書類のアップロードに進む」をクリック。
基本情報登録が完了
 


本人確認書類を選んで「アップロードする」をクリック。
本人確認書類のアップロード
 


アップロード画像を確認したら「この内容で登録する」をクリック。
アップロード画像を確認
 

本人確認書類のアップロードが完了。をクリック。
本人確認書類のアップロードが完了
 


本人確認書類の審査が終了すると、登録情報画面が下記のように表示されます。
この後2、3日で確認書類が郵送されて来るので、そこに記載された認証コードを入力すると、取引が開始できるようになります。
本人確認書類の審査が終了
 


リップルを購入する

ビットバンクにログインし、「入出金」画面で日本円の「入出金」をクリックします。
ビットバンクにログイン
 

ビットバンクの自分用の口座を調べ、日本円を振り込みます。
入金口座を調べます


「資産」画面で、ビットバンクに入金できたことを確認します。
入金を確認


上部のメニューを「XRP/JPY」(リップルと日本円)に切り替えます。
XRP/JPYに切り替え


売買は画面右側で行います。指値注文もできますが、今回は簡単な「成行」で説明します。
リップルを買いたい数量を指定して「注文」をクリックします。日本円の残高の70%まで購入可能です。
注文


注文内容に間違いがなければ、「実行」ボタンを押します。
注文実行

成約すると、「資産」画面で結果が確認できます。
資産状況を確認



PAGE TOP