おすすめの仮想通貨ウォレット

購入した仮想通貨を保管しておくために、最初に必要になるのがウォレット(財布)です。
仮想通貨は購入した取引所に置いておくこともできますが、取引所にはハッキングや倒産のリスクがありますから、売買する予定のない仮想通貨は必ずウォレットに保管するようにしましょう。
ウォレットには大きく分けて4種類あります。
  1. オンラインウォレット
  2. ソフトウェアウォレット
  3. ペーパーウォレット
  4. ハードウェアウォレット

①オンラインウォレット(ウェブウォレット/ホットウォレット)

オンライン上で作成することができるウォレットです。ネット上で管理するので、ハッキングにあう可能性もありますが、通常のパスワード管理の他に2段階認証設定等のセキュリティ対策を万全にしておくことで、より安全性を高めることができます。
オンラインウォレットの主なメリットは、作成が簡単なこと、様々なデバイスで利用ができること、取引所が提供している場合は、同じサービス内でコインの売買が可能なことなどがあります。
対してデメリットは、ハッキングにあう可能性があること、取引所発行のウォレットは取引所が潰れたら保有していた仮想通貨がなくなる可能性があるということです。

主なオンラインウォレット

Blockchain
仮想通貨取引所ではなく、ウォレット単体のサービスです。
日本語に対応しているため、日本人ユーザーも多く利用しています。現在は、ビットコインとイーサリアムのウォレットとして利用することが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)
仮想通貨取引所のビットフライヤーが提供しているオンラインウォレットです。
取り扱いコインはビットコイン、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、モナコイン、リスクです。取引所には珍しく保証制度があり、メールアドレスやパスワードが盗まれて不正に日本円が出金されてしまった場合に、最大500万円が保証されるとのことです。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨取引所のZaifが提供しているオンラインウォレットです。
取り扱いコインはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、NEM、モナコインです。
セキュリティに関しては、預けている仮想通貨の残高のうち、流動しないものについてはシステム内からは完全に隔離された状態で複数箇所に分けてオフライン保管(Cold Storage)で保存されるとのことです。

②ソフトウェアウォレット(ローカルウォレット)

ソフトウェアウォレットは、パソコンにソフトウェアをダウンロードしてローカル環境で使用するタイプのウォレットです。サービスによってはオンライン環境とオフライン環境の両方で利用できるものもあります。
ソフトウェアウォレットの主なメリットは、オンライン型に比べるとセキュリティが高いこと、取引所が閉鎖しても影響しないことなどです。
デメリットは、PCの故障やハッキング、ウイルスなどで管理ができなくなる可能性があることです。
ソフトウェアウォレットは一般的に通貨ごとにウォレットがあり、通貨ごとに保管するということを覚えておいてください。

主なソフトウェアウォレット

Copay(コペイ)
BitPay社が提供していて、日本語対応している簡易版のローカルウォレットです。
PCだけでなく、スマートフォンなどでもウォレットを管理ができ、両方にダウンロードして同期することで、どちらの端末からもビットコインの管理を行うことができます。また、複数のウォレットを管理することが可能なのもCopayの特徴です。共有ウォレットが利用できるので、家族間や企業内といったグループでも同じウォレットで管理が可能です。共有ウォレットを作成しておくことで、もし万が一利用しているPCやスマートフォンが盗難にあったり、紛失した場合に複数の端末の承認がなければビットコインを送信できない仕組みになっています。セキュリティも高く、デザインもシンプルで使いやすいと評判のアプリです。
対応通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ

Electrum(エレクトラム)
多機能かつ軽量で、長い間ビットコインユーザーに利用されてきた信頼あるウォレットです。日本語対応もしています。オフライン環境で取引を行える「コールドストレージ」機能をはじめとして、ウォレット機能が豊富なのが特徴です。
対応通貨:ビットコイン

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
イーサリアムやイーサリアムクラシックが保管できるウォレットです。最近ではICO(未公開の仮想通貨への投資)をする際にイーサリアムを使われることが多いので、イーサリアムを送金する際などによく使われているウォレットです。日本人ユーザーにも人気があります。

breadwallet(ブレッドウォレット)
iOS専用アプリです。必要最低限の機能がシンプルに実現されているため、操作に戸惑うことがなく初心者にもやさしいウォレットです。サーバーを介さずに、直接ビットコインネットワークに接続し、データはスマートフォンに保存するため、サーバーを介するリスクがないことが特徴です。
breadwalletは、「No customer funds stolen」をうたっていて、今までサービス内で資産を盗まれたユーザーがいないようです。
対応通貨:ビットコイン

Jaxx
Jaxxは多くの仮想通貨をカバーし、PCでもモバイル端末でも利用できるなど、多様なニーズに対応できるウォレットです。基本機能である仮想通貨の受取・送金に加えて、ペーパーウォレットの作成もできます。英語表記のみ。
対応通貨:ビットコイン、イーサリアム、イーサリアム・クラッシック、ライトコイン、ダッシュ、オーガー、ジーキャッシュ、ルートストック、リスク

Toast Wallet(トーストウォレット) iOS版 Android版
Toast Walletはリップルのウォレットアプリです。日本語に対応していませんが、英語が分からなくても感覚的に使いやすいウォレットと言えるでしょう。
対応通貨:リップル

Dash Wallet
Dashの受取・送金、保管、残高確認をすることができます。breadwalletがベースになっているとのことで、アプリをダウンロードすればすぐに使えます。日本語対応。
対応通貨:ダッシュ

Nano Wallet(ナノウォレット)
Nano WalletはNEMの公式推奨ソフトウェアウォレットです。日本語対応。
対応通貨:NEM

③ペーパーウォレット(コールドウォレット)

ペーパーウォレットはオフラインで使用するタイプなので、仮想通貨を保管するにあたってはセキュリティで一番安全な資産管理の方法だと言われています。秘密鍵の盗まれにくいことが、ペーパーウォレットの強みです。
ペーパーウォレットのメリットは、ハッキングの恐れがないこと、取引所が倒産しても影響を受けないことで、高額のコインを管理するのに最適です。
デメリットは、紛失する可能性があること、印刷の手間がかかること、残高確認が面倒なことです。

ペーパーウォレット作成サービス

bitaddress.org
デスクトップ上でウォレットを作成し、秘密鍵は自分で管理するタイプのペーパーウォレットです。12カ国の言語に対応しているのが特徴で、さらに簡単にペーパーウォレットを作成することができます。ここで作ったペーパーウォレットで引き落とした残高を確認する場合は、また別でローカルウォレットなどが必要になります。
対応通貨:ビットコイン

④ハードウェアウォレット(コールドウォレット)

ハードウェアウォレットは、USBでPCに接続してブラウザからウォレットを利用します。PCがウイルス感染してもデバイスと暗証番号が揃わない限り送金することができない点、オフラインでの管理なのでハッキングに強い点などから、セキュリティが高いと言われています。
ハードウェアウォレットのメリットは、ウイルス感染に強く、取引所が潰れても影響がないことです。
デメリットは、購入の費用がかかること、紛失や破損の恐れがあること、リカバリーなどの管理の手間がかかることなどです。

人気のハードウェアウォレット

Ledger Nano S

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

フランスのレジャー社のハードウェアウォレット。リップル他、新しい暗号通貨もいち早く対応しているハードウェアウォレットです。トークンの保管も可能。価格も他のハードウェアウォレットに比べても安く、日本での価格は15,000円以下で売られています。マルウェアにも対応しています。
対応通貨:10種

どのウォレットを使うべきか

結論から言うと、このウォレットさえ持っていれば完璧!というものはありません。
高額の仮想通貨を保管するなら、セキュリティを重視してペーパーウォレットやハードウェアウォレットになるでしょうし、少額を頻繁に利用したいなら、オンラインウォレットということになるでしょう。
緊急な取引をする予定があまり無いなら、最も一般的な選択肢としてソフトウェアウォレットがベターだと言えます。ソフトウェアウォレットとオンラインウォレットとの大きな違いは、「秘密鍵(ID/PASS)を第三者のサーバーに送信しない」という点にあります。なので、パソコンがハッキングされたりウイルスに感染しないかぎり、勝手にログインされて送金されるということは起こりにくいわけです。

ウォレット利用の注意点

どんなウォレットを使うにしても、秘密鍵やパスフレーズを忘れたり紛失したらおしまいです。実際、数億円のビットコインを取り出せなくなっている人もいるようです。 必ず紙やメモソフトなどで安全に管理しましょう。



PAGE TOP