仮想通貨でどうやって稼ぐの?

投資で利益を生み出します

ビットコイン(仮想通貨)の投資では値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うのが基本となり、株の配当金のようなインカムゲインは存在しません。つまり、安く買って高く売ることで利益を生み出します。デイトレードのように一日中相場をチェックしながら頻繁に売り買いする短期取引ももちろんできますが、もっと簡単に低リスクで運用する長期取引の方法もあります。

ビットコイン投資・オススメの方法

ビットコインの投資は、あまり分析などしなくても稼げる方法が多いのが魅力です。特に毎月少額の資金を積み立てる少額積立の場合は、毎月決まった日に一定額ビットコインを買うだけなので、誰にでも簡単に行うことができるでしょう。
それ以外にも、まだ値上がりしていないアルトコインに投資する先行投資や、取引所間の価格差を狙うアービトラージなど、どれも投資初心者でもすぐに実行できるものばかりです。
ビットコインの魅力の一つは少額からでも買えるという点で、取引所によって最低取引枚数が異なりますが、1000円前後から始めることが可能です。ただし本格的に稼ぐことを考えると、手数料などを考慮して月5,000円以上で取引した方が儲けやすくなります。月5,000円という少額でも、ビットコインなら長期的に見れば大きな利益が出せる可能性があります。取引額を増やすのは慣れてからでOKです。

低リスクな少額積立は投資初心者にピッタリ

毎月一定額を積み立てていく積み立て投資には3つのメリットがあります。

  1. 少ない資金でも大きく稼げる可能性がある
  2. 時間分散によってリスクを抑えられる
  3. 複雑な分析はしないので初心者でも手軽

1つめのメリットは少ない資金でも大きく稼げる可能性があること。
2つめは、 ビットコインは値動きが激しく為替変動リスクが高い商品ですが、積立投資の場合は時間差で投資するため、このリスクを抑えることが可能だということです。利益自体はほどほどとは言え、例えば変動が大きかった2017年1~11月の値動きを見ると、この期間に積立投資を行った場合でも、投資額の約4倍になる計算になります。積立投資でここまでの利益を得られそうな投資商品はビットコインくらいでしょう。
3つめは、値動きに対する複雑な分析などが必要ない点です。通常は短期売買や戦略的な取引をしようとすると、複雑な分析が必要になりますが、積立投資の場合は、毎月決まった日に取引をすればいいだけなので、基本的に分析は必要ありません。これは初心者にとって大きなメリットになるでしょう。

積立投資を行う上で重要なのは、値動きに左右されずに積み立てを行うことです。値動きによって売買のタイミングを変えたり、金額を変えてしまうと、リスクを抑える効果が薄くなってしまいます。値動きが気になってうまく取引できないという場合は、Zaifが採用している「自動積み立てサービス」を使うのも一つの手です。自動積立はトレーダー自身の感情に関係なく機械的に取り引きを行ってくれるので、定期投資をする場合に便利なサービスです。

また忘れてはならないのが、手数料の存在です。入出金の手数料や売買手数料を考えると、資金が少なすぎると利益を得るのが難しくなってきます。取引所への銀行振込手数料、売買手数料、出金手数料だけで約810円+0.15%の手数料がかかります(bitflyerの場合)。なので最低限月5,000円は用意して投資したいところです。

アルトコインに先行投資する

先行投資とは、値上がり前の価格が安いうちに買い、価格が急騰したら売るという手法です。これは投資の基本ですが、狙って行おうとすると難しいものです。しかし、仮想通貨に限っては比較的明確に狙うチャンスがあります。
ビットコインは2017年に約7倍もの大きな値上がりをしましたが、仮想通貨はビットコインだけではありません。アルトコインと呼ばれる「ビットコインの代わりになる通貨」が無数にあるため、その中から値上がりの可能性があるものを見いだせば良いのです。
アルトコインは日々作られており、1,000種類以上あると言われています。アルトコインはその大部分がまだ注目を集めておらず、価格が安くなっています。そういったアルトコインを今のうちに少額で購入しておけば、ビットコインのように大きく値上がりをした時に利益を得ることができるのです。アルトコインには1円未満の価値しかないものも少なくありません。これが高騰し100円にでもなれば、それだけで莫大な利益になります。投資資金も1000円程度で十分な利益を得ることができるでしょう。
アルトコインは膨大な数があるものの、日本国内で取引できるものとなると20種類前後です。まずはこの中から投資するアルトコインを選んでいくといいでしょう。時価総額が10位までのものなら流動性があり、安心感のあるアルトコインだと言われています。

換金する方法は?

仮想通貨は所有コインの売却と出金手続きをすることによって、日本円に換金できます。この時点で含み益があれば利益確定となり、課税対象となります。また、取引所での売却から手続きまでの所用時間は数分、出金手数料は約400円、出金が反映されるまでには1~2日かかります。

仮想通貨はウォレットで保管する

仮想通貨は取引所に預けるか、ウォレット(財布)に保管する必要があります。よく取引所と混同されますが、取引所はあくまでも売り買いするところで、一時的に仮想通貨を預ける機能を持っているにすぎません。保管・送金・決済などはウォレットから行います。
ウォレットにはローカルウォレット、オンラインウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットの4タイプがあり、初心者が扱いやすいのはオンラインウォレット(ホットウォレット)なので、まずはスマホアプリから試してみると良いでしょう。
仮想通貨取引所が提供するモバイルアプリは、オンラインウォレットとしても利用できるのでお手軽ですが、ウォレットを選ぶ際は、使い勝手よりもまずセキュリティを第一に考えることをお勧めします。



PAGE TOP